?

Log in

No account? Create an account
Worte und Wörter
『ハラホト出土モンゴル文書の研究』 / Study on the Mongolian documents found at Qaraqota 
16th-Jun-2008 05:11, Mon
『ハラホト出土モンゴル文書の研究』 (Study on the Mongolian documents found at Qaraqota) / 吉田順一、チメドドルジ(Chimeddorji、齐木德道尔吉)編。― 東京:雄山閣、平成20(2008)年3月20日。― [2], 10 pl., [4], 410, [1] pp. [第2版発行:平成20(2008)年11月10日]
Harahoto shutsudo mongoru bunsho-no kenkyū (Study on the Mongolian documents found at Qaraqota) / Yoshida Jun'ichi, Chimedodoruji (Chimeddorji, Qimudedaoerji) hen. - Tōkyō: Yūzankaku, 2008. - [2], 10 pl., [4], 410, [1] pp.

ハラホト出土モンゴル文書の研究

税込価格: 12,075円(本体11,500円+税)
ISBN: 978-4-639-02025-7 (4-639-02025-2)


[日販MARCより]
内モンゴル自治区ハラホトの官庁址から大量に発見された元朝期の文書のうち、漢文文書と西夏文文書以外のすべての文書を全点影印掲載、うち135点を解読し、ローマナイズ、訳、注釈、解説とともに収録。

[BOOKデータベースより]
1983・84年、内モンゴル自治区ハラホト(黒城)の官庁址から大量に発見された元朝期の文書のうち、漢文文書と西夏文文書以外のすべての文書(228点)を全点影印掲載、うち135点を解読し、それぞれにローマナイズ、訳、注釈、解説を施し、さらにモンゴル文書には漢語注釈も付した。
多民族・多言語・多元社会というモンゴル帝国・元朝の様相がそのまま凝縮されていた当時のハラホトの状況が伺われる重要資料の基礎的研究を提示する。

目次
第1部 モンゴル文書
第2部 ウイグル文字テュルク語文書
第3部 チベット文書
第4部 西夏文字・梵字文書
第5部 アラビア文字文書
第6部 シリア文字文書

吉田順一(ヨシダジュンイチ, Ёсида Дзюнъити)
1940年生。早稲田大学文学学術院教授。専門はモンゴル史。

チメドドルジ(Jakhadai Chimeddorji, 〔蒙族〕齐木德道尔吉, Захадайн Чимэддорж)
1954年生。内蒙古大学民族学与社会学学院教授。専門は女真言語文字、金朝史、清朝蒙古史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。
This page was loaded Sep 25th 2017, 2:48 am GMT.